よくいただく質問

利用者様よりよくいただくご質問をまとめました。ここに記載のないご質問はお問い合わせフォームよりご相談ください。

エレくらについて

なぜ一括見積もりではなく、一括相談なのですか?

見積もりはエレベーターの状態により様々ですので、実際に現地で拝見させていただかなければ正確な見積もり金額が出しにくいことが多いです。そのため、まずは相談をして必要であれば現地見積もりをしてもらうという流れが確実です。

現地見積もりの後で断っても大丈夫?
もちろん可能です。契約を結ぶまではどのタイミングでもキャンセルできます。
利用料金は本当に無料ですか?
エレくらのご利用は利用料金も仲介手数料も一切無料でご使用いただけます。

メンテナンスについて

独立系保守会社は技術的にも、サービス的に不安なのですが・・・
ご安心ください!エレくらに掲載しているどの業者さまも、メーカー系保守会社と遜色ない技術やサービスをお安くご提供しております。

FM契約とPOG契約ではどちらが良いでしょうか?
基本的には新築から7〜10年はPOG契約、それ以降はFM契約がお得だと言われています。しかしお客様のエレベーターの状況により異なりますし、エレベーター業者によっては途中で切り替えることができなかったり、料金自体が異なったりしますので、その点も踏まえ一括相談でご相談ください。

保守契約会社を変更することによるデメリットはありますか?
一番のデメリットは、解約の手続きと契約の手続きを行わねばならない煩わしさです。その他、現在の契約会社との契約内容によっては違約金が発生することもまれにあるようです。

修理・工事について

概算見積もりを出せる最低限の情報は何ですか?
修理の内容によりますが、「メーカー名」「型番」「動式」が必要です。

リニューアル以外で多い修理や工事って?
各部品の耐用年数や使用頻度によりますが、大半がワイヤー交換か作動油交換、またはその派生での小修理となります。

保守契約している会社以外の業者にも修理を頼めますか?
法律的には可能ですが、業者同士の軋轢を生むことになりかねませんので、修理や工事を別会社に依頼される際には保守契約ごと変更なさることをオススメいたします。

リニューアルについて

リニューアルをすることのメリットは何ですか?
機能性や快適性の上昇や省エネ効果が期待できますので、建物の資産価値も上がります。

リニューアル工事による使用停止日数はどのくらいですか?
リニューアル方法や業者、エレベーターの状況により異なりますが、1日〜1ヶ月程度となる場合が多いようです。詳しくはエレベーター業者にご相談ください。

リニューアルにはどんな方法がありますか?
大きく分けて以下の三種類の方式がございます。

全撤去リニューアル
全構成機器を撤去し新たに新設するリニューアルです。大規模な工事となります。
準撤去リニューアル
巻上機、制御板、ロープ、カゴ、乗馬扉等を取り替える工事です。
部分リニューアル
制御改修など、部分的に経年劣化した部品を取り替える工事で、工期が短く費用も安いため現在主流となっています。

どのリニューアル方法が必要かも含め、業者との相談と現地見積もりが大切です。