昔の女性のあこがれの職業の一つに、エレベーターガールが数えられていたのをご存知でしょうか。
エレベーターガールとは、デパートや観光設備などのエレベーターに在中してお客様を希望の階まで連れていく案内係のような職業で、まさにその施設の顔とも言える存在でした。
可愛らしい制服や外見の女性が多く、華やかなイメージもあって昔は女性の花形の仕事として人気を集めていました。

エレベーターガールとは

業務に求められること

基本的にはお客様に何階へ行きたいのかを聞き、その階のボタンを押すというのが主な仕事になりますが、場合によってはこの他にも各階の取り扱い商品やイベントの案内などをすることもあり、施設の総合案内係という位置づけでした。
常にお客様の目に触れる職業なので、施設の印象を悪くしないようにこやかな笑顔と丁寧な対応が求められます。
仮に面倒なお客様が来たとしてもそれを顔には出さず、しっかりと対応する高いコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

エレベーターガールの歴史

日本で一番最初にエレベーターに案内係が設置されたのは、1929年の東京のデパートです。
その頃のエレベーターはハンドルを回すことで稼働する手動式で、専門の運転手まで配属されていたところもあります。
ゆっくりと独特な声で案内を行うのが特徴で、エレベーターに乗っているお客様の話し声にかき消されないように案内をするため、このような特徴的な話し方になったとされています。

一つの職業として認知度は高いものの、他の専門職のように資格や専門知識などが必要なわけではありません。
あくまでも、その施設のスタッフが配属先の一つとして宛がわれたものであり、エレベーターガールだけを指定して就職することは難しいでしょう。
閉ざされた空間の中で立ったまま長時間勤務するだけでなく、お客様と非常に近い位置で接客するという特殊な環境のためストレスや疲れがたまりやすい職場だと言えます。
ちなみに、エレベーターの前で開閉扉を抑えて誘導しているスタッフもよく見かけますが、これはあくまでも安全に乗り降りできるように見守っているだけで、エレベーターガールというわけではありません。

エレベーターガールになるには


この職業を目指す場合、特別な学歴や資格などは必要ありません。
ただ、エレベーター勤務専門で求人情報が出されることはまずないため、就職を目指す場合はデパートに正社員採用される必要があります。
正社員採用は基本的に大卒以上の学歴が求められることが多いので、希望する場合は大卒資格を取得できるように頑張りましょう。
最近は海外から日本を訪れる旅行客がかなり多くなっているため、英語や中国語など外国語をマスターしていると採用される可能性が飛躍的に高まります。
施設によっては必須条件になっていることもあるので、最低限英語はマスターできるようにしておきましょう。

ひと昔前までは、ちょっとでも名のあるデパートならどこでもエレベーターに案内係が乗り込んでお客様に対応していました。
しかし近年ではコストカットや人員整理の影響により、需要はかなり低くなっています。
エレベーター内に自動案内音声が付けられたりして機械に仕事を取って代わられることも多いので、求人情報を探すことすらかなり難しいでしょう。
どうしてもエレベーターガールを目指したいという場合は、海外旅行客などに人気の高い観光施設か、現在でも求人情報を出しているデパートを探すしかありません。

気になる給料は・・・?

仕事として働く以上、給与についても気になるところです。
これは採用されるデパートや施設に応じて異なるので一概には言えませんが、平均的には正社員採用の場合で約20万円前後という企業が多いです。
正社員であれば年2回のボーナスも支給されるので、一般的な社会人くらいの収入は得られるでしょう。残念ながら、エレベーターボーイというのは募集している企業はほとんどありません。
やはりお客様と密接に関わる職業であることを考えると、物腰の柔らかい女性の方が好まれる傾向にあります。
ごく一部の観光施設では男性のエレベーター案内係を募集していることもありますが、かなり狭き門となるので覚悟が必要です。

最後に


今でもこの職業に憧れている女性は少なくないので、観光施設を中心に求人に応募する人も多くいます。
観光施設の場合、休日は大忙しですが平日は観光客も少なく暇を持て余すこともあり、場合によっては受付やお土産ショップの手伝いに回されることもあります。
エレベーターの案内だけしていれば良いというわけではないので、どんな仕事もできるという姿勢を採用試験でアピールするのがポイントです。
可愛い制服や人気の観光施設は意外と競争率が高いことも多いので、希望する場合は常に求人情報をチェックしておくようにしましょう。
ただ、見た目の華やかさとは違って、長時間立ちっ放しだったりお客様から直接苦情を言われることもあるかなりハードな仕事になるので、その点だけは事前にしっかり覚悟しておくことが大切です。